毛玉の対策法

生活の知恵として、毛玉を付けない方法をお教えします。特に主婦の方は、家族の衣服に毛玉が付いていると取らなければいけない事もありますので、こちらの対策は重要なものになるはずです。

19

毛玉というものですが、特に洗濯時についてしまう事が一般的です。洗濯をし終わると衣服についてしまいます。お気に入りのファッションアイテムが、毛玉だらけになって悲しい思いをした経験がある方も多いでしょう。

その毛玉というものですが、特にできやすいのがセーターです。冬の寒い時期に大活躍するのがセーターですが、冬の時期にはセーターに毛玉をつけて外出しなければいけなくなるかもしれません。恥ずかしい経験をした方も多いかもしれませんね。

オーソドックスな方法

毛玉が付きにくくなる!
衣服を保護する網(ネット)にいれるという方法があります。販売されていますので、そちらを利用してください。しかも、値段的にはかなり安いものです。数百円程度で購入できますので、家に一つや二つほどあれば大活躍してくれるはずです。
ネットに入れることで、他の衣服の毛がセーターにつくことも抑えることが出来ます。毛玉を出来にくくする方法としては定番になりますが、効果はかなり高いので実践していただきたいと思います。

簡単な方法

実は、セーターを裏返しにするだけという毛玉を付けにくくする方法もあります。洗濯時に、セーターを裏返しにするだけです。そうすることで、毛玉についてはセーターの裏側につくことになります。見える部分につかないので影響が少ないわけです。

完全に予防する方法というのはセーターというものですので、一般の選択では難しいです。紹介した二つの方法のうち良いと思えたものを選択していただければと思います。両方とも試して、仕上がりが良かったほうを利用するのも良いと思います。

セーターのみを洗う

最後にあまりおすすめではない方法も記述します。それはセーターのみを洗濯機に入れるという事です。そうすることで毛玉を少し抑えることが出来ます。

しかし、完全に抑えることはできません。しかも、水などをセーターだけのために大量に使うことになります。水道代金や電気代金ももったいないことになりますので、あまりおすすめできないわけです。


この記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら以下の応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ