ストッキングを長持ちさせる

ストッキングは消耗品としてかなりたくさん利用することもあるでしょう。その使用料を少しでも減らす節約方法をお教えします。

18
ストッキングというものですが、特に問題になるのが伝線というものです。そちらが起こってしまうと、そのストッキングは基本的に使えなくなってしまいます。ですので、いかに伝線させないとようにするのかを考えてみましょう。

そもそもストッキングですが、季節的にも冬には利用頻度が格段に高まります。防寒の一種として身に付ける女性も多いからです。毎日利用することを考えると、使うたびに伝染してしまう事だけは避けるべきでしょう。

 価格について

ストッキングは安いもので数百円というものもあります。しかし、高く1,000円を超えるものもあります。特に高いタイプのものを利用している方は、伝染を予防することを考える必要があります。

水と冷凍庫を活用

ストッキングを水に湿らせて、袋に入れて冷蔵庫で冷やすのがおすすめです。そうすることにより、ストッキングの繊維が引き締まります。その結果、電線がしにくくなるという効果が生まれるわけです。特殊な道具を使うわけではありませんのでおすすめです。
水で湿らせる方法

ストッキングをびしょびしょにするわけではありません。霧吹きといったものやヘアスプレーというもので少しだけ湿らせて下さい。触ってみた感覚で、少し湿り気が感じられるといった状況になれば、それで問題ありません。

袋の種類?
冷凍庫にストッキングを入れる袋ですが、ビニール袋にしてください。ビニール袋でなければ、袋と繊維同士がくっついてしまう事もあります。ストッキングが傷んでしまっては本末転倒です。

ストッキングを履いた後のケア

ストッキングはなにも1回ごとに使い捨てにするわけではありません。何度か使用することもできます。耐久性をアップさせるためにおすすめなのが、履いた後のケアです。ストッキングに再びヘアスプレーなどで水を吹きかけておくこともおすすめの伝線予防法です。


この記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら以下の応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ