クレジットカードのリボ払いのメリットとデメリットとは?

クレジットカードの支払いでリボルビング払い(リボ払い)を利用している方はいませんか。実は、メリットとデメリットがります。
127

クレジットカードの支払いには一括払いや分割払い、そしてリボ払いがあります。自分に合った方法で支払うことがおすすめです。その中でも特に特徴深いのがリボルビング払いです。そのメリットとデメリットを調査します。

リボルビング払いは使い方によっては大きなマイナスになる事もあります。使い方を間違えないようにしましょう。良い部分と悪い部分の把握をすることからはじめられれば、結果的に大きなメリットを感じられるはずです。

メリットとは?

毎月ほぼ同じ金額を返済していくことになります。10,000円なら毎月10,000円ずつの返済になります。段階制になりますが、10万円以下は5,000円、20万円以上は10,000円、40万円以上は15,000円といった決まりがあります。
家計の管理がしやすい
毎月同じ返済額になるので、出費の管理がしやすくなります。毎月違った金額の支払いが行われると、資金管理がそう簡単にできない場合もあるわけです。一括払いだと大きな買い物をしても、1回で支払いきらなければいけないわけです。

デメリットとは?

 長期間の返済になる

リボ払いは基本的に少額返済になります。ですから、なかなか借金を減らすことができません。長期間に渡り返済を続けなければいけないというデメリットが存在しています。

 金利が高い

金利は15パーセント前後に設定されていることが多いです。15パーセントという数字はかなりのものです。100万円利用していたら、1年で15万円の利息を支払わなければいけません。結果的に利息ばかりを支払うことになり、借金元金は減りません。

 返済期間な延びる事もある

再びリボ払いで買い物を行うと、返済期間が延びます。結果的に半永久的にリボルビング払いでの返済を続けなければいけなくなった方もいます。できれば、高額なものを購入した時のみ利用してください。


この記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら以下の応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ