フリーターでも持てるゴールドカードはこれだ!年会費にもこだわる!

ゴールドカードにはメリットがいっぱいです。しかし、審査が厳しいです。そこでフリーターでも利用できるゴールドカードを調査してみました。
124

フリーターでも利用できるということですが、いくつかの基準があります。そちらについても調査します。さらに、どのゴールドカードがフリーターでも持てるのかを発表させていただきます。

ちなみにゴールドカードを持つメリットですが、まずはステータス性があります。自分の信用を高めてくれます。さらに、利用限度額も高めになります。大きなショッピングやキャッシングもできるわけです。

ゴールドカードの審査と年会費の関係性

年会費の高いゴールドカードは審査が厳しくなり、年会費が低ければ審査が緩めになります。ですから、年会費が低めのゴールドカードを狙うことが基本になります。5,000円以下を狙いましょう。特に3,000円以下も一つの基準になります。
サービス内容にも関わる
年会費が高いカードはサービスも良いです。ですから、年会費が低いカードはゴールドカードであってもサービスはあまり良くないことが多いです。その点は理解したうえで申し込むことが重要になります。

シティ エリート

シティカードのゴールドカードになります。年会費は、3,150円になります。入会の目安となるのが、22歳以上いで年収200万円です。フリーターで200万円を突破している方も多いです。フリーターでも十分に作成できるカードです。

三井住友プライムゴールドカード

年会費が5,250円のものになります。年齢は20歳から30歳までの限定となります。安定した継続収入があることが条件になります。フリーターでも長期的に勤めていれば、安定収入と判断されますので作成可能です。

UCヤングゴールドカード

年会費が3,150円とかなり安価なタイプになります。しかも、初年度年会費が無料になります。入会資格については、年齢が20歳以上で30歳未満の方です。さらに働いているという条件が付け加えられます。

この記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら以下の応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ