女子高生でも持てるクレジットカードとは?デビットカードを調査しました

女性でクレジットカードというものは少しハードルがありますが、高校生ともなるとさらにハードルが上がります。実際に利用することはできるのでしょうか。
122

基本的に、クレジットカード自体は難しいです。ただし、ほぼクレジットカードと同じような機能があるデビットカードなら問題なく利用できます。では、そのデビットカードとは、どういったものでしょうか。解説させていただきます。

デビットカードと年齢

16歳以上から作成可能
クレジットカードの場合は、若くても18歳以上から作成可能になります。さらに高校生についての作成を認めていないことが一般的です。一方でデビットカードは原則的に16歳から作成可能です。高校1年生から作成可能になります。

デビットカードの機能とは

その都度払いになる

クレジットカードの場合は、基本的に後払いになります。ですので、利用したらのちに口座から引き落としがあります。一方で、注視しなければいけないのが、デビットカードの場合はその場で支払うということです。すぐに引き落としがあります。

デビットカードを利用して10,000円の買い物をした場合には、決済に利用した瞬間に口座から10,000円が差し引かれます。前払い制とまでは言えませんが、口座にあるお金しか利用できない特徴があります。

 使いすぎを防げる

クレジットカードの場合には、口座以上のお金を使うことも可能です。カードの利用限度額までは使えるわけです。しかし、デビットカードは口座にある金額のみしか使えません。学生の利用にも適しています。

クレジットカードと同じ機能

 国際ブランドがついている

デビットカードで有名なものと言えば、「VISAデビットカード」があります。あの国際ブランドでおなじみのVISAが付いています。VISAが使える店舗でしたら、どこでも使えます。ネットショッピングでも実際の店舗でも利用可能です。

デビットカードの審査

審査はありません。前記したように口座にあるお金を使うだけです。デビットカード自体がリスクを背負うことはないわけです。クレジットカードは、支払いまで1カ月や2カ月かかります。返済が滞るリスクがあるので、審査が行われます。

この記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら以下の応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ