自動車税を節税しよう

最近では、女性も多く自動車を運転するようになりました。免許の保有率も高いです。ただ自動車を持つと税金が負担になります。その税金を少しでも安くする方法があります。

自動車にかかる税金はかなりの負担です。それが嫌で自動車を持たない方までいるわけです。しかし、それでも持たなければいけない事もあります。仕事で使うこともありますし、普段の買い物で必須になることもあるでしょう。通勤に使う例もあります。

その自動車の税金ですが、購入時の税金を減らす方法があります。そちらを知っておくと、購入時の負担を少し減らすことが出来ますので、覚えて実践されるべきです。

自動車取得税の減額方法

オプションを外して、まずは本体価格のみで購入してください。自動車取得税については、新車の購入時に車体の価格だけでなく、装備として取りつけたようなオプションにも課税されるシステムになります。

ですので、自動車本体価格が150万円で、オプションを50万円分つけたら、合わせて200万円に自動車取得税が発生するという事になります。非常に大きな金額に税金がかかるという事になりますので、注意して対応しなければいけません。

オプションを切り離すと・・・
購入時にオプションをつけないで購入します。そうすると本体価格の150万円に自動車取得税がかかります。そしてオプションについては後日つけてもらうようにすればいいだけです。純正のカーナビなどもかなりの金額ですが、それの税金を浮かせる事も出来ます。

自動車取得税の節税金額ですが、これはオプション額にもよりますので、正確な計算というものはできません。しかし、ある程度の規模のオプションをつけるとなると、数万円くらいの差が出てくることも考えられます。注目すべき額です。
16

2台目の購入や3台目の購入にも活用

以上のような考え方ですが、2台目や3台目の購入にも活用してください。乗り替えをするたびに利用することで、かなり大きな金額を生涯に渡って節約できるでしょう。将来の増税などにも備えることが出来ます。


この記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら以下の応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ