快適な睡眠のために!寝る直前に飲食してはいけないものを調査しました

睡眠は人間にとって大事です。睡眠の質が悪いと、さまざまな悪影響が出てきてしまいます。快眠を得る方法を考えましょう。
116

逆説的になるわけですが、快眠を得るためには、快眠を妨げるものを知ることも大事です。実は、寝る直前に食べてはいけないものがいくつもあります。そちらをこちらで発表します。知らず知らずのうちに食べているようなことは控えてくださいね。

寝る直前に食べてはいけないもの

辛い食べ物
唐辛子などが含まれた食べ物は危険です。胃に大きな負担をかけてしまうからです。胸やけが起こってしまう事もあります。さらに胃に圧迫感を感じる事もあります。胃酸の過剰分泌を促す食べ物です。不快感が高まり眠れなくなります。

 カロリーが高い食べ物

睡眠の質を大幅に下げます。胃が活発に動かなければ消化できませんので、寝ても疲れているような状況になってしまうわけです。そのような状況は避けなければいけません。寝る直前に食べるものはなるべく低カロリーのものにすべきです。

寝る直前に飲んではいけないもの

以外に感じるかもしれませんが、水は少量なら構いませんが、量をたくさん摂取すると睡眠を妨げてしまいます。寝る1時間から2時間程度までにたくさん飲むと、睡眠を妨げることが臨床試験からわかりました。

 コーヒー(お茶)

カフェインが含まれる飲料も良くありません。昔から言われていますが、やはり睡眠を妨げてしまいます。しかも、長時間体内に影響を与え続けることも分かってきました。早く寝る方は午後からカフェイン入りの飲み物を摂取してはいけません。

何も食べないのは良いのか?

 何も食べないのもマイナスです

お腹が減ってしまっている状態も、睡眠にはあまりよくありません。胃の中が空っぽの状態になりますが、あまりに空腹を感じると眠気がやってきません。ちょっとしたナッツ類などを食べるのがおすすめです。

飲み物としてはホットミルク(牛乳)などを飲むのもおすすめです。特にミルクは胃に膜をはりますので、胃粘液を守ってくれる役割も果たしてくれます。

この記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら以下の応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ