あくびをして健康に|身体に与える影響について

あくびはあまりするものではないと教えられてきたと思います。しかし、健康に重要な役割を果たしていると分かってきました。
112

あくびはしっかりと行うことで様々な健康的メリットが得られるわけです。何も寝不足や退屈で出すわけではあります。あくびにあくびのメリットがあるからこそ行うわけです。

あくびが起こるメカニズム

いろいろな場面であくびは行われます。それでは実際に、どのような状況の時にあくびが出やすいのでしょうか。いくつか以下に例示したいと思います。

 眠い時
 疲れている時
 退屈な時
 寝起き
 極度の緊張状態の時

少し意外に感じるかもしれませんが、緊張している時でもあくびは出るわけです。そう考えると、あくびをしているからと言って“だらしがない”という理論は通用しないことになります。様々な時にあくびは起こると認識しましょう。

あくびが出る理由

酸素不足
あくびをすることで、帯なにたくさんの空気を取り込むことになります。ですから、身体の酸素が減っている時に起こります。そして一気に酸素が体内に入るわけなので、身体としても楽になります。

 身体を覚醒させる

眠りそうになる時などの意識低下状態の時にあくびをすることで、身体を覚醒させます。身体を活動的にできるわけです。顎や、体、手足の筋肉の収縮が行われますので、それが脳に伝わり、身体が起きた状態になります。

 目に栄養を与える

パソコンを使って仕事をしている方の多くが悩んでいるのが、ドライアイや疲れ目です。それは目の栄養不足があります。あくびをすることで涙が出ます。それにはたんぱく質が含まれています。それが目を守ります。あくびをすることで自然と目を守っているわけです。

 リラックスさせる

あくびをすると気持ちが緩むと感じる方もいます。実は神経にいい効果をもたらします。リラックスする状態をあくびが作ってくれるわけです。しかも、血圧を下げたり脈を安定させたりするなどの効果も持っています。


この記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら以下の応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ