お風呂のカビが目立ったら~換気について~

お風呂のカビを退散させる方法を知りたい方は多いでしょう。実はとっても簡単な方法で対処できます。
109

お風呂のカビですが、タイルの間が黒くなってしまい、衛生上だけではなく見た目の印象も悪くしてしまいます。カビをいかに除去するのか、という事を考えるべきです。こちらでは、特に簡単な方法を掲載させていただきます。

空気を入れ替えたり、シャワーをかけたりといった、特に手間に感じないような方法もあります。すべての事を行う必要はありません。自分にとって利用しやすいのもの取捨選択してください。

換気対策について

湿気がお風呂場に充満することでカビが発生します。ですから、湿気をお風呂場から逃がしてやればいいわけです。換気を行えば、ある程度のカビの発生を抑えることができます。
換気の方法について
最も単純なのが、窓を開けることです。空気を入れ替えることで、湿気が大きく減ります。さらに換気扇を回すこともおすすめです。なるべく長時間回すようにしてください。お風呂を利用したのちは最低でも1時間かけるようにすると湿気が減ります。

お風呂場の温度を下げる・カビのえさをなくす

お風呂場全体に冷水シャワーをかけるのも良いカビ対策になります。シャワーをかける目的の一つに、浴室の温度を下げることがあります。温度が高いとどうしてもカビが発生しやすいので、カビにとって環境を悪くするわけです。

さらに、お風呂場には石鹸のかすなどが飛び散ってしまっている事もあります。シャンプーの泡が壁についている事もあります。それがカビのえさになります。繁殖を促してしまいますので、シャワーで洗い流してカビの繁殖を抑えるわけです。

掃除も重要

最もカビが発生しやすいのがゴムパッキンです。定期的にそちらを掃除してください。カビは繁殖しだすと一気に広まります。その前に、掃除を定期的にして、繁殖を抑えるのがおすすめですよ。感覚としては、1カ月に1回程度がおすすめです。カビキラーを使いましょう。

この記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら以下の応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ