カチカチの団子を柔らかくしよう

せっかく買ってきたお団子もしばらくすれば固くなってしまいます。美味しく食べるにはどうしたらいいのでしょうか。
105

お団子を美味しく食べるには、まずは柔らかくすることです。どのような方法で柔らかく、そして美味しく食べられるのかを掲載します。さらに、なぜお団子は固くなるのか、という事も知っておいて損はないでしょう。

団子が固くなるメカニズム

添加物による部分が大きいです。添加物が多く含まれている団子については、翌日になっても柔らかいといった特徴があります。しかし、健康によいと言われる無添加タイプのものは次の日になると固くなります。

トレハロースの力
団子の甘味料にトレハロースというものが加えられていることがあります。これが加えられ得ている団子は日にちがたっても固くならないという特性があります。添加物の有無が固さに関わるという一つの証拠になる事象です。

団子を柔らなくする方法

 電子レンジを利用する

短時間で良いので、電子レンジでチンをすると確実に柔らかくなります。ただ、あまりに長時間行うと柔らかくなりすぎ、美味しく食べられなくなりますので、ちょっと温める程度にしてください。

 フライパンを活用

こちらも温める方法になります。団子をフライパンに置き、軽く焼きます。あまり焼き過ぎるとかえって固くなりますので、柔らかさを確認しながら温めるようにしましょう。

 茹でる

熱湯にちょっとつかるだけでもだいぶ違います。こちらも簡単に言ってしまえば温める方法になります。直接水分を加えますので、水分が飛んで固くなってしまった場合に有効な方法になります。食感も良くなります。

 蒸す

家に蒸し器がある方は利用しましょう。温かくなり、食感も戻ります。ただ、注意が必要になるのが、蒸しすぎると。団子が溶けてしまうということです。時々確認してください。長時間は蒸さないでくださいね。

最もおいしく食べる方法

当たり前ですが、製造された日に食べることです。日にちがたてばどうしても劣化します。購入した日のうちに召し上がってください。仮に購入した日に利用できないということがありましたら、上記の方法で復活させましょう。

この記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら以下の応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ