関西のおばちゃん顔負けの交渉術!お得に買い物を成功させよう!!

買い物をする時、誰もが最も安く購入したいと思っています。表示されている価格から安く買うことは無理だと思っていませんか?場合によっては表示価格から安くなる可能性もあります。その方法をご紹介します。

9

実は値引き交渉に応じてくれる店が多い!
家電量販店や一部の洋服屋、個人経営の商店などで、値引き交渉に応じてくれることが多くなりました。車や家などの大きい買い物でも交渉次第で割引してくれることもあります。

しかし、安く購入できるはずの商品も、交渉しなければ安く手に入りません。なんでも交渉すればいいと言うワケではありませんが、場面に合わせて上手に交渉できるのが理想です。

9-2

誰でもできる!簡単値引き交渉のポイント

1)責任者クラスの社員に交渉する

販売店によっては、店頭にいるスタッフのほとんどを派遣社員で補っている場合があります。しかし、アルバイトや派遣社員などは価格を決定する権限を持っていません。交渉をする際は、必ず社員らしき人物を見つけましょう。特に、30歳以上の社員なら責任者クラスの仕事も任せられている可能性もあります。

2)買いたい気持ちを低姿勢で伝える

「価格次第ですぐに購入する」という姿勢を見せましょう。その商品についての詳細を聞いたり商品を褒めると、「あ、この人は本当に欲しいんだ」と思わせることができます。単なるウィンドウショッピングではないことをしっかりアピールしておきましょう。

3)他店金額を提示する

家電量販店なら、「他店より安く」を売りにしている店も多いでしょう。「B店では○○円だったんですけど…」と、他の店で提示された安い金額を伝えましょう。すると「じゃあ、うちはもう少し安くする」と、対抗してくるはずなのです。

4)2つ以上の買い物を条件にする

「△△と一緒に購入するから○○円にしてもらえませんか?」といったように、その店の商品をまとめて数点購入すると、値引きしてくれる可能性が大きくなります。しかし、特売品の場合は割引限界なで価格が下がっているので、それ以上の値引きが難しいこともあります。

5)現金での購入をアピールする

少し高額な商品でも、クレジットカードより現金で購入するアピールをしましょう。クレジット払いにすると、店が決済手数料を支払う必要があるので、現金で購入してもらったほうが喜ばれるのです。

この記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら以下の応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ